前回の続きのランバールームです。

Quote

必要以上に完璧に防水紙を貼り、さらに、重要な部分には防水フェルトテープを貼りました。
これで躯体は完璧です。
ダミーの煙突も付けて、次はいよいよモルタル造形のスタートとなります。仕上がりが非常に楽しみです(^^)

ちなみに中は綺麗に無垢材の床を貼り、一般住宅新築のような香りがします。

マナ隊長は窓の納めが気に入らないらしく、アトリエで観音開きの可愛らしい窓を只今造作中です。

A-TECH DESIGN ならではの妥協点のない仕事に対する思いです。我ながら素晴らしいチームだと思います。

1620569_658861440833602_2125497815_n

1780721_658861467500266_830424176_n

1898165_658861557500257_1341133362_n

モルタル造形と外構樹木の夜の景色

Quote

普段は無機質で何か硬いイメージのモルタル造形も、樹木があることにより、また違ったイメージになります。

こちらの写真は現在施工中のK様邸。夜の造形の壁の雰囲気こそモルタル造形の真骨頂だと僕は思ってます。

1625589_658524954200584_449731694_n

ついでにセメントと塗料で荒れた僕の手も必要ないですけど、載せます(–;)痛くて痛くて・・・誰か良い薬教えていただけないでしょうか。

1622775_658524990867247_1488611321_n

上棟式です。

Quote

拘りに拘ったランバールームの下地完成です。基礎からしっかりと丁寧に丁寧に・・・作り上げた逸品。
A-TECH DESIGN 完全オリジナルのランバールームです。Rで造られたドアー。急勾配の屋根から三角形のアピール屋根。
限られたスペースに施主の思いをそのまま形にしてくれたチームA-TECH DESIGN 凄腕マナ隊長。

見る人が見れば分かる妥協のない仕事です(^^)彼と僕が手を組んだ現場は誰にも施工方法が分からないと思います。
僕の造形が生きるも死ぬもマナ隊長の下地にかかっています。

今回も僕のわがままにとことん付き合って頂いて感謝します!究極の建物を目指して熱い思いでこれからもよろしく!!

1488762_658082497578163_621966942_n

1900076_658082514244828_1252180796_n

1947736_658082467578166_1318212096_n

1979682_658082450911501_103138115_n

フランス風黄色いポスト

Quote

フランス風黄色いポスト出来上がりました。
軽く錆びのエイジングをしてあげてより可愛らしい世界で一つのポストです(^^)
重厚感ある石積みはあえてメルヘンチックにペイントしました。鬱蒼と生える予定の植物とマッチするはずです。この石は近くで見ても形・色など、石にしか見えないと思います。(自分で言ってどうする(汗))
オーナー様の満足する顔が見たい一心で造った花壇です。

1795526_656431917743221_1124255849_n 1959348_656431891076557_549477928_n

 

フレンチなフランス田舎町の壁

Quote

上尾市K様邸外構エイジング塗装です。
フレンチなフランス田舎町の壁。
A-TECH DESIGN ではエイジング塗装の際、いかに透き通った色合いを出すかを何時も考えて調色します。汚いのではなく古い。
レンガ一つでもオリジナルの色ではなく、本物の赤レンガにピッタリ合わせることにより違和感がなくなり、古く見せることが出来るのです。それは塗装屋さんでは簡単な作業でしょうけど、造形屋さんでは中々簡単にはいかないんです。日々勉強ですね!!
ちなみに汚しの茶色もより深みを出すため青が入ってます(^^)
天使達も色がついて、ダンディー・美人になったかな?
結局モルタル造形は最後のペイントが一番大事ですね。
塗装屋さんの奥深き世界観の話でした。

1688624_655130634540016_155424206_n 1800293_655130687873344_2074173898_n 1891113_655130661206680_345998996_n 1947424_655130707873342_943634273_n